ぬけがら

使用前
AA242.jpg


使用後(笑)

L70400062.jpg


ケチャップマンの抜け殻は、
中島公園近くのアサズマで発見された模様です。
07 : 00 : 00 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

大人の・・・

絵本は、

子供の頃から心に残る絵本もあれば
大人になってぼーんと響く物もあったりするワケです。

最近のヒット

AA240.jpg

この絵本をたくさんの人に見て欲しいと心から思います。
ほんとに絵本で世界が平和になったらいいなと思います。
たいがいの事は『いいからいいから』で済むんですね。
『いいから いいから2』

AA242.jpg
『ケチャップマン』

クールでシュール、大人の悲哀を感じます。
作者のページのイラストも見応えあり!
鈴木のりたけスタジオ

AA241.jpg
『3匹のぶたの話』

ぶたの話は、3回読んだ頃から笑いが止まらなくなって
うちの子供に読み聞かせをしていたらば、
読んでる自分が笑いすぎて涙がでました。
中盤からの展開、絵とのギャップ、
満塁ホームランです。

おすすめ!
13 : 44 : 19 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ちいさいえほん

絵本ネタでもう一つ。

先日ビ○ッジヴァンガードで
ちいさくもなつかしい絵本を見つけて即購入。

絵本とCUP


物語の面白さもに魅力を加えるスパイス
えも言われぬ怖さと微妙な背徳感、
展開の矛盾を感じ続けさせる
ふしぎな魅力のある絵本。


なぜか園児の頃から好きなのです。
12 : 46 : 45 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

えほん

私は絵本が好きなのです。
35歳のおっさんである事は
まぁ、気にしないでください。

母親が保育園の調理員をしていた関係なのか
幼少期には、保育園でも家にいても結構絵本が
身近にあった記憶があります。

お店にもちょこちょこ絵本はおいてあるのですが
ちょいと珍しい絵本をひとつ。

えほん


右の絵本はとっても有名な『しずくのぼうけん』
著者はポーランド人の作家マリア・テルリコフスカ
作絵がボフダン・ブテンコで日本語訳は内田 莉莎子さん
『大きなかぶ』などの日本語訳でも知られています。

で、左にあるのが

『しずくとりんご』
 福音館のペーパーバック絵本
 1981年6月発行 定価320円

絵的にも内容的にも『しずくのぼうけん』の続編かなと
思うのですが、正確には著者は内田 莉莎子さん
作絵がボフダン・ブテンコで、『しずく~』の
マリア・テルリコフスカの名前はありません。

日本でのスパイラル本でしょうかね。

12 : 28 : 21 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

最近の記事

カテゴリ

日記 (361)
スペシャルティコーヒー (87)
COE (12)
旅(海外) (12)
旅(国内) (9)
うまいもの (21)
卸先 (16)
絵本 (4)
INFO (22)
好きな物 (9)
MUSIC (5)
web (4)
焙煎 (7)
エスプレッソマシン (2)
古いもの (7)
気づいたこと (11)
なんとなく思ったこと (21)
キャンプ (1)

プロフィール

井の中の蛙

Author:井の中の蛙
生きてるだけで大成功♪

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

RSSリンク

QRコード

QRコード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター